07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ごんくんの耳

2015/01/25
すっかり病気の記録用と化してしまったブログ。
今度はごんくんの耳にトラブル発生。
記録させていただきます。

**********

2015年1月24日(土) 

夕方、リーダーに耳洗浄に連れて行ってもらって、
帰ってきて普通にご飯も食べて寝ていたというごんくん。

私は21時半頃帰って、いつものようにリビングにいるごんくんに声をかけた。
気が付いて慌てて私のところに来ようとするんだけど
なんだか様子が変。

「あ、えびだ!! どこだ?! どっちだ?!」 と、探すようにその場をぐるぐるして
一向に私の方へ来ようとしない。
何度も呼んでいたら、ごんくんもだんだん焦ってきたのか
スピードアップしてその場をぐるぐる。

慌ててごんくん側に行って身体に受け止めてあげたんだけど
ごんくんはプチパニックになったように身をくねらせて逃げようとする。
落ち着かせようとしばらく上から覆いかぶさるように抱いてあげたんだけど
小刻みに震えている。

「何?! 何?! 何が起きてるの?!」 「てんかんの一種?!」 私の気持ちもプチパニック。

そんなこんなで1時間くらいしたらごんくんも寝てくれたんだけど
その間に感じたことは、耳が聞こえていないってこと。

ネットで調べると、内耳炎の旋回運動が当てはまる。
傾斜、眼振はしていないと思うけど・・・

今回の耳洗浄、いつも以上に耳垢がいっぱいで
ジェット洗浄まで必要だと言ってたから、その処置となんか関係あるかもしれない。

目が見えないごんくんにとって、音が聞こえないって
それはどれほど動揺することだろう。
想像したら私も怖くてたまらなくなった。

ごんくんから音までも奪わないで!!
また神様に本気でお願いをしてしまった。



とりあえず明日の朝一番で病院にいこう。
1月25日(日)

朝までの間に感じたことは、まるっきり聞こえないわけではなく
左耳には音が届いている感じ。

だから音や声が聞こえはしても、それがどの方向から聞こえてくるのかわからなくて
探し回ったり、呼んだ方向とは違う方へ進んでいっちゃったりする感じ。
だからまっすぐ歩くことはできるけど、方向感覚が狂うのか
いつもはぶつからない物にもぶつかる。
でも、鼻だけを頼りにすれば、ご飯やトイレには問題なくたどり着ける。

全く聞こえないわけではないことがわかって、とりあえず気持ちを落ち着かせて朝まで待てた。


診察の結果。

右耳の鼓膜周辺が、かなり真っ赤に炎症を起こしていて
白い分泌物も見えるんだけど、それは昨日注した薬かもしれない。

内耳炎であれば、旋回運動がずっと続くから内耳炎ではない。
白いものが分泌物であれば中耳炎までいっているかもしれないということ。
火曜日までステロイドと抗生剤で様子見て、また耳洗浄して再度調べることとなった。

耳が聞こえないのは炎症によるものだろうから治ればちゃんともとに戻るって。
薬で治るから大丈夫って!!
散歩も遊びも普通にしてても大丈夫だって。


ごんくんの目が見えなくなって
耳・鼻・身体の全てが目の役目をしているってことは十分にわかっていた。
耳が目の代わりになっていることもわかっていた。

その耳が使えなくなると、まっすぐ歩くこともできなくなるなんて
そこまでわかっていなかった。
私とコンタクトを取ることもできなくなるなんて、考えてもいなかった。

このまま目が悪化することなく維持することばかり考えて
大事な耳を守ることに意識がいっていなかった。
完全に私のせいだ。

今までも定期的に耳洗浄をしていて、今週始めくらいから痒がり始めたから
また病院いかなきゃって思っていたのに
痒がりの程度から土曜日まで伸ばしてしまった。
病院の休診日や、仕事の忙しさを理由にして
仕事を早退してでも行こうとしなかった。
木曜日に行けるタイミングがあったはずなのに、土曜日でいいことにしてしまった。
あの時、何がなんでも行っていれば
ここまでにはならなかったかもしれない。
絶対にそう思う。

これは絶対に私のせいで起こったことだと思う。

大事には至らなかったからいいということではなくて、
外耳炎を甘く考えていたからいけないんだ。
ごんくんの痒がりを、いつものことだとスルーしていたが一番いけないんだ。

ごめんね、ごんくん。
もっとちゃんと、ごんくんときくさんの身体の隅々まで大事にするからね。


そんなわけで、散歩も何気にちょっと大変な状況になってたりはするんだけど
それでもごんくんは、今の状況に対応し始め
落ち着いて普段通りの彼にもどってくれている。

ごんくんの順応力と前向きさに驚きながらも、また救われた。
どんな時でも、結局ワンズに救われているんだ。 ありがとう。


とにかく、一日も早く薬が効いてくれますように。
今はそれだけ!!








スポンサーサイト
20:32 病院・健康 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。