05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

きくさんの病気 その3

2013/07/24
2013年7月23日(火)

病院へ行ってきた。

巨細胞性肉芽腫とは、巨細胞性歯肉腫(巨細胞性エプーリス)とも呼ばれるそうだ。





すっごく簡単にわかりやすく言うと、歯肉が炎症を起こし、その炎症が巨大化して
腫瘤になったものらしい。
悪性のものではないらしいが、繰り返しや多発傾向が強いらしく
きくの場合、1週間前に取り除いたもらった同じ場所が、
もう、また赤く膨らみ始めていた。
基本的にはできたものは切除するという外科的治療法になるらしいが
これが治まっていくかどうか、今はまだ薬で様子を見ることにした。

ステロイドも効果はあるらしいが、身体へも負担になることから
まずは抗生剤で様子を見て、大きくなっていくようならステロイドを使うか
また外科的処置をするか、その時その時で判断していこうということになった。
その切除自体はかかりつけ医でもできるものだけど、
これがあんまり頻繁に繰り返されるようになると、
大きな手術も検討する必要もあるかもしれないということだった。

この腫瘤はメラノーマとも間違われやすい(形のせいか?)らしいが
きくの場合、歯も溶けていたから余計先生を惑わせたらしい。


とにかく薬でなんとか治まってくれたらいいんだけど・・・
前歯もだいぶ弱っているらしいから
なるべくできないようにするためにも歯石取りも早々にしておいた方がよさそうだし。


今はちょっとだけ一息つかせてもらって、
経過観察しながら一緒に夏休みを過ごさせてもらって、
できること、しなきゃいけないこと、しない方がいいこと
いろいろ考えながらお付き合いしていこうと思います。


先週言われたことに比べたら、心の負担は減ったけど
喜んでばかりもいられない、複雑な心境です。


あの時、本当に心臓が痛かった。
悲しくて、苦しくて、いつもどんなときも心にモヤモヤがあって
本当に苦しかった。

それでも、みんなから頂いた応援や励ましは
「みんなが見ていてくれる」「みんながついていてくれる」
自分が一人じゃないって感じることができて、とても勇気づけられました。
ごんくんの目の時も同じように感じてた。

人から頂く気持ちは、本当に力になります。 強くなれます。

みなさんから頂いた想いに、本当に本当に感謝しています。
そんな皆さんと知り合えたことに感謝しています。
本当にどうもありがとう。

まだまだ安心しきれない状態なだけに
これからも見守っていただけたら嬉しいです。









スポンサーサイト
01:55 病院・健康 | コメント(1)
コメント
No title
お久しぶりです。
そして、きくさん12歳のお誕生日おめでとうございます☆
小型犬も10歳を超えると何かしら健康状態が心配になりますね。
今、私自身が痛感しています。
先日は、きくさん泳いでいたようなので経過良好なのかな?
ラッキールルも元気ですよ。
お互いに愛するワンコを見守って行きましょうね。
お友達のワンコは、もはや親戚のこどもと一緒♪
なかなか、会えなくても愛してますよ♡


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。