FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ごんくん 外泊終了

2010/12/20
金曜日の夜に帰って来たごんくんは、とにかく沢山眠って、今日の昼に病院へ戻りました。
病院嫌いのごんくんは、すっごく落ち込んでふて腐れて、
せっかく慣れていた先生の腕の中でも暴れていました。

眼圧は安定していたので、本当ならもう帰ってきてもいいくらいなのに
私達が毎日ついていてあげることができないので
病院にお願いするしかありません。

でも、もう間もなく冬休み。
ずっと一緒にいることが出来るようになるので、この分なら退院も近いかもしれません。
もう少しだけがんばってもらうしかありません。
経過が良ければ、また木曜日に連れて帰ってくるつもりです。


ごめんね。


きくさんも、カラーを付けて寄ってくるごんくんを迷惑そうにしていたけれど
一緒に帰ってこなかったことに、ちょっと沈んでいるようでした。
なんだかんだ言っても、ごんくんのこと大好きだからね。
きっと、ごんくんがいながらも、
自分だけを一番可愛がってもらえることが理想なんだろうな(笑)



続きは、私が感じたあれこれを思いつくまま綴っています・・・




ごんくんは家にいる間中、とにかく良く眠っていました。
本気の爆睡でした。

心身ともにどれほど疲れていたことか。
私達と一緒にいて、どれほど安心したのか。

きくさんの側にもいたいらしく、きくさんの隣に割り込んでいって
「ガウッ!!」って怒られたりしながらも、お構い無しにくっ付いて寝たりもしていました。

私に甘えてチューをしまくるごんくんと、それにはしゃぐ私の様子を、
いつものようにガウガウ怒りまくるきくさん。
ごんくんの気を引くためにピーピーおもちゃを持ち出して、
ごんくんはきくさんを追いかけるようにおもちゃを横取りし、
私に「遊べ」と持ってくる・・・という、
本当に今までと変わらないやりとりに驚くこともあったりして。

でも、目のためには今までみたいに私が遊びにノッテあげることができないことが淋しかったけど。

きくさんには、ごんくんの目が見えていようといまいと、
多分それはそれほど重要なことではないのかもしれないね。
きっと「それが何よ」「ごんはごんだもん」ってことかもしれないなー、なんて思ったり。


ごんくんのカラーは、まさに白い杖としての役目になっていて
カラーがあるからどこにぶつかろうと心配も少なく見守ってやることができる。
カラーはいつ外せるようになるのか判らないけど
これがあるうちに、いろんなところにぶつかりながらも
いろんなことを判るようになってくれるといいかな。

でも逆に、カラーが引っかかって進めなくなるから
方向感覚がずれたりすることもあるんだけどね・・・


一昨日は布団の上で寝ていたけれど、昨日は明け方寒くなったのか
いつものように、私の顔の側に寄ってきて
「入れて! 入れて!」って、布団をカラーで持ち上げて入ってこようとしていました。

布団を持ち上げると、いつものように私のお腹の方まで入って行って
中で方向転換して、私の腕を枕にコテッて寝てしまいました。

そのとき、どれほど嬉しかったことか。
またこうできる日を、どんなに望んでいたことか。

見えなくても、ちゃんと判るんだってことが余計に嬉しかった。

朝、起きると腕の中にはごんくんがいる。
大袈裟って思われるかもしれないけれど、本当にこの瞬間の気持ちったら・・・


この2泊3日、私はいろんな気持ちを感じました。


きっとこれからも、いろんな気持ちを味わうことになると思うけど
ちゃんとごんくんを見つめ続けていこうと思います。



スポンサーサイト
00:36 病院・健康 | コメント(2)
コメント
No title
えびちゃん、大丈夫かしら?
ごん太くんが、こんなに大変なこと、知らなくて、ごめんなさい。
ごん太くん、すごく頑張ってくれてるね。
…だったら、…していれば、、私もmiruの病気に対して、どれほど後悔をしてきたか。
えびちゃんの気持ちが痛いほど分かって、涙が止まりません。
本当に痛くて、辛いときって、甘えてくれないものね。切ないよね。
手を差し伸べたくても、受け入れてもらえなくて、ただただ少し離れたところから、見守るしかなくって。

でも、大丈夫。
ごん太くん、今は辛くて、悲しくて、分からないかもしれないけど、いつか、ちゃんと、えびちゃんの愛情を理解してくれるから。
もっともっと、深く、えびちゃんを愛してくれるよ。もっともっと、甘えん坊のごん太くんに会えるよ。
今は、えびちゃんも、ごん太くんも、悲しい時間だけど、しっかりとお医者様に診て頂いて、将来の幸せの時間のために我慢しましょうね。

お正月。ごん太くんの笑顔に会えることを楽しみにしています。
えびちゃん。頑張って。ごん太くんのこと、信じてあげましょう。
ありがとう。
miruママ ありがとう。

謝らなくていいんだよ。
私自身がなかなか受け入れられなくて、誰かに話したり、文字にしたりすることが出来なかったんだから。
今もまだ、昔の画像を見ることも、今の姿を写真に撮ることも出来ずにいるんだけどね。

見守るしかできないって、とってもツライね。
私が何かをすることで良くなるんだったら、それに打ち込んでいられるけど
何も出来ないことが苦しかった。
miruママは何ヶ月もこんな想いをしていたんだよね。
長い間辛かったんだよね。本当にがんばったね。

ごんもね、すごくがんばってくれたよ。
今日も、目が見えないなんて思えないくらいの足取りと笑顔で
とっても嬉しそうに散歩をしてくれたよ。
ようやく1つの山を乗り越えた感じがするの。
今はね、これから先、今まで通りにいかなくなることが沢山あるかもしれないけど
必ず一緒に乗り越えて行けるって思えるくらいに強くなった・・・
と思うよ。
写真が見られるようになるには、もうちょっとかかるかもしれないけど
いつか必ず笑顔をUPするから、楽しみに待っていてください。
明日、お迎えに行って来ます!!






管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。